営業での契約率アップ、結婚相談所でのカウンセリング、コミュニケーションに使います

活用事例

  • HOME »
  • 活用事例

 ハートグラムカードは、さまざまな現場で使われることを意図して作られました。

 開発当初(2016年6月まで)は、女性を口説くことを主たる目的として開発されてきましたが、男性の草食化が近年進み、使う男性が少なくなってきたことから、草食化した男性でも使っていただけるように、また、それ以外のビジネスの現場などでも使えるように、誰でもが分かりやすく使えるように作りました。

 第一版は、2016年7月発表。現場で実際に利用し、改善を図り、第二版を7月後半に発表致しました。

 結果、数々の現場で使える目途が付きましたので、事例として発表するものです。

1.コミュニケーション改善に使います
 人間は人との共同生活において、成長します。家族間、夫婦間、兄弟間、友達間、ビジネス上の関係などです。そこで起きる問題の理由を知ることで、心の葛藤を無くします。

2.結婚相談所・仲人さんが使います
 結婚したい男女を面接する時に使うことで、その方の個性がわかります。5つのタイプの強弱において、性格として表れるものです。結婚の成約率が高まります。納得して結婚するため結婚後の離婚率が下がります。ベストなパートナー選びができるということです。
 例えば、イベント会場などで、貴方の恋愛・ビジネス占います。と言う新規のお客様開拓も可能となります。

3.カウンセリングのツールの一つとして使います
 ハートグラムは、自らの選択する結果が、個性となる。と言うことです。つまり、1時間以上のヒアリング時間を費やすより、5分のハートグラムの方が、ラポールを築けてしまうのです。

4.占い師のお客様呼び込みツールに使います

5.営業の現場での新規開拓に使います

6.企業内での人員配置に使います

PAGETOP